不快な考えが何回も頭に浮かぶため、
その不快な考えを振り払うために、
何度も手を洗う、戸締りの確認をするといった行動がある方は、
強迫性障害の可能性が非常に高いです。
この病気になってしまうと、日常生活に大きな支障となってしまうため、
学校生活や社会生活を送るのが難しくなってしまいます。

この強迫性障害の治療をおこなう際には、
まず強迫性障害であるということを自覚することが大事です。
この病気の方の中には、自分は病気ではないと認識している方もいるので、
まずはこの部分の考え方を変えるようにしないといけません。
次に、投薬治療をおこなっていきます。
この時に使用する薬は、
脳内のセロトニン系の異常を調整する働きを持つものであり、
脳内神経伝達物質のうちのセロトニン系だけに選択的に作用し、
神経終末のセロトニンを正常に近い状態に調整する効果があります。
そのほかには、認知行動療法を駆使して治療をおこなっていきます。

強迫性障害は簡単に治る病気ではありません。
長い期間の治療が必要であり、
完全にこの病気のことを気にしなくなるまで、
相当な時間が必要ですが、
しっかり治療を完治することは可能ですので、
治療に踏み切ってみてはいかがでしょうか。

メンタルクリニックよこはま