過敏性腸症候群は、大腸の運動や分泌機能の以上によって起こる病気であり、
検査をおこなっても目に見える異常が見当たらないケースがあります。
下痢や便秘などによって下腹部に張りが生じるのが特徴であり、
頻繁に下腹部に張りを感じるという方は、
過敏性腸症候群の可能性があるため、
横浜市神奈川区にある当院の心療内科で検査をおこなってみてください。

過敏性腸症候群が発症してしまう原因ははっきりしてはいませんが、
知覚過敏やストレスが原因となることが多いです。
決して命に関わる致命的な病気ではありませんが、
いつどこで腹痛を初めとした症状が出るかわからないため、
常に不安がある中での生活を余儀なくされます。
薬物療法と食生活の改善によって、
完治することは可能となっています。
ストレスが原因となっている方も多いため、
精神症状を改善する薬もありますが、
女性には使用することができません。

日々の生活で過敏性腸症候群にならないための工夫をすることが大切であり、
治療をして完治したとしても、
再発してしまう可能性は十分あるため油断は禁物です。
お悩みの方はまずは一度ご相談ください。

メンタルクリニックよこはま