うつ病は、以前は仮病と言われていました。
平成の時代になってからうつ病という言葉が認知されるようになり、
きちんと病気と周りのかたから判断されるようになっていきました。
ご自身がうつ病と思っているかたは、
早めに治療をすることが重要です。
放置しておくことは後の生活に大きく影響してしまいます。

うつ病は放置しておいても改善するというものではありません。
しっかり治療をしても必ず完治するというものではないですが、
治療をしないといつどこでうつ病の症状が出るのかわからないので、
不安を抱えたままの生活を余儀なくされます。

治療は投薬治療やカウンセリングでおこないます。
投薬治療をすることによって、うつ病の症状を抑えることができるので、
不安な気持ちを抱えることが少なくなります。
最終的には薬がなくても生活ができるようにしていきます。
カウンセリング治療では、カウンセラーと何気ない話をします。
友人や知人のかたにお話しができないことも気軽に話せます。
カウンセラーは色々なうつ病の症状があるかたを治療しているので、
何でも相談をすることができます。

メンタルクリニックよこはま