重傷の交通事故などが原因で心に負担がかかると、
重度の心理的負担によってPTSD(心的外傷性ストレス症候群)など、
ストレス関連障害を引き起こす可能性があります。

そのような症状の傾向があるのでしたら、
出来る限り早めに、専門的な治療をお勧めいたします。

PTSDのおもな症状としては、不安、悪寒、
毎日のイライラ、頭痛などの症状が見られます。

また精神が落ち着かず安定しない生活を送ることが珍しくありません。
外見上は、それほど変わった様子も見られないため、
そのまま周囲からは「病気ではない」と思われてしまうこともあります。

しかしながらPTSDは、通常の社会的な行動に大きな阻害をきたし、
患者さまの心理的な負担にも多大な影響を与えてしまう危険があります。

ご自身では気づいていないものの、記憶障害や、
行動障害につながってしまっている可能性もございます。

そのようなリスクは出来る限り早期に避けて、
確実に解決を図れるようにすることをお勧めいたします。
病状について、そのまま放置しておくとさらに重症化してしまう危険があります。
何か不安がある場合には、
出来る限り早めに横浜市でも専門的に治療をしている当院にご相談ください。

メンタルクリニックよこはま