ストレス関連障害、
およびPTSD(心的外傷性ストレス症候群)は、
早期に治療をしなければ、症状がさらに重篤になる可能性がございます。

ご自分では治療の状況が分からず、
そのまま病状を悪化させてしまう、
周囲との摩擦を引き起こしてしまう、
などのリスクがございます。

一見すると、周囲とのコミュニケーションが可能であるため、
まったく病気のように見えませんが、
心理的に大きなプレッシャーを受けてしまっているため、
集中力が続かない、日々の生活で不安感を覚える、
などさまざまな症状が見られることも少なくありません。

また、なかなか症状が落ち着かず、
家族や職場でもどのように対処すればいいのか、
ということが分からないままになってしまっている可能性があります。

PTSDは、生命に関する大きなストレスを受けた時や、
ひき逃げの交通事故などで心理的な圧力を受けた時など、
通常の生活であり得ないようなストレスを受けると、
引き起こされるリスクがある病気です。

横浜の心療内科でもPTSDを含むストレス関連障害に対する、
幅広い治療実績がある当院であれば、
柔軟に病気に関して治療をさせていただきます。
もし、何かご不安があるのであれば、ぜひ早期にご相談ください。

メンタルクリニックよこはま