夏の時期は特にジュース、ビール、アイスクリームなどの摂りすぎで
下痢をするかたは少なくありませんが、下痢が慢性化しているケースは
非常に危険であり、常にお腹の調子を気にしなくてはいけないので、
学校生活や社会生活に大きな影響があるので、
ご自身が過敏性腸症候群だと自覚しているかたは
早急に対処するのが良いと言えます。

近年、20代~30代前半のかたに過敏性腸症候群は多く、
病院でレントゲンや内視鏡などの検査をしても
異常が見当たらず、適切な治療ができない内に症状が
悪化してしまうケースがあります。
当院では、患者様のお悩みを聞いていき、改善に向けて努めていきます。
また、腸のケイレンを抑える薬も処方し、精神的な
苦痛を和らげる方法も存在し、さまざまな方法があるので、
その状態に応じて対応することができます。

元々胃腸が弱いかたは過敏性腸症候群になりやすく、
社会人になった時にストレスを抱え、症状が悪化するケースは多く、
精神的な部分が大きく関わってくる病気であり、
症状が悪化する前に対処するのが一番ですので、
お悩みのかたはぜひ、横浜市の当院の診療内科に
お気軽にご相談ください。

メンタルクリニックよこはま