現在日本人の約10%が過敏性腸症候群になっています。
発症年数は20代~40代のかたが多く、便通の状態は「便秘型」
「下痢型」「交代型」の3種類に分かれますが、どれも症状も
治療法も異なります。

原因の多くは、ストレスが関与していると言われ、
まれに「感染性腸炎」のあとに発症するケースもあります。
心理的な負担が大きく関わってくる病気ですので、
社会生活や学校生活でお悩みやストレスを抱えている事が多く見られます。
投薬治療が主な治療法になります。

ぜひ、お早めに横浜市の当院の心療内科へご相談ください。

メンタルクリニックよこはま