不眠症や過眠症の症状がある人は、普段の生活で
いろいろと支障を起こすので、人間関係で
トラブルを引き起こすことがございます。

たとえば、不眠症の方の場合、十分な睡眠を
取っていないために、イライラ感や、倦怠感、
ストレスのための頭痛、腰痛、食欲の不振などの
症状が現れ、通常の生活を送ることが難しくなってしまう
可能性があります。

逆に過眠症の場合には、肥満や無気力、
集中力の欠如、昼夜逆転した生活など、
日常生活を他の人に合わせておくることが難しく
なってしまう可能性がございます。

また、不眠症の要因となる精神病の一つに
心的外傷性ストレス障害(PTSD)があります。
この病気は、精神的に急に大きな障害を受けたときに
発病することで知られており、ベトナム戦争の帰還兵が
多く精神症状の苦痛を訴えたことで、有名になった病気です。
現在の日本では交通事故などで大きな障害を受けた方が
不眠症と合わせて、これらの症状を引き起こすことがございます。

このように、睡眠と精神的なストレスは大きく関連しているため、
早期に専門医による治療が望ましいといえます。
横浜市の心療内科でも治療実績がある当院では、
症状を的確に緩和するカウンセリングや投薬を
行いますので、ぜひ早期にご相談ください。

メンタルクリニックよこはま