環境の変化や思春期特有の多感的な感情、さまざまな要素によって、
高校生で不登校に陥ることは珍しくありません。
本人の自主努力だけでは症状が改善せず、
周囲から学校への登校を進め過ぎることは、心理的にも圧力となり、
逆効果になってしまう恐れがあります。

そのような状況では、できる限り何が問題なのか、ということを
分析し、できる限り患者さま一人ひとりの事情を理解して、心理的な負担を
取り除くケアをすることが必要になります。

思春期の多感な時期に症状を見過ごし、さらに状況を悪化してしまうと、
のちに、心理的に大きな負担を与えてしまうこともございますので、
できる限り早期に症状に向き合えるようにしておくことが肝心です。

もし、何か不安なこと、対応に苦慮されていることがあれば、
横浜市でも高校生の不登校の治療に実績がある心療内科である
当院にお任せいただければ、的確な治療、および
カウンセリングを実施されていただきます。

高校生や20代など若年者の場合、心理的な要因が多彩であり、
何が原因なのか周囲からは分かりにくい、ということもございますので、
できる限り早期に原因を取り除き、的確な治療をすることが最も、
望ましい方法の一つということがいえます。
ぜひ、そのように的確な治療を進められることをお勧めいたします。

メンタルクリニックよこはま