過食や拒食のような、極端な症状が現れたときは、
本人にすべて責任を転嫁してしまい、周辺環境の変化や、
ストレス要因を見逃してしまっていることがございます。
心理的に患者さまの負担が増大していることで、
生活全般に負担がかかってしまい、なかなかその状況を改善することが
できずに苦しんでしまっていることも珍しくありません。

過食や拒食は、肉体的な負担も大きく、体型の大きな変化、
性格上の変化なども見られるようになり、周囲からさらに
本人を追い詰める圧力になってしまうことがあります。

そのような状況は患者さまにとって非常に酷な状況であり、
特に若年者の場合には周囲との軋轢や特殊な環境になじめない、
など様々な原因で症状が引き起こされてしまっている可能性があります。

もし、そのような症状がみられるときは、できる限り早く
専門医によるカウンセリング等を行い、患者さまの心理的な
ご負担をできる限り減らすように対処することが望ましいといえます。

横浜市の心療内科でも実績がある当院では、定期的に心理的なカウンセリングなどを
実施しているので、できる限り負担を無くして、安定した対応を
進めることが可能になっています。
ぜひ、何かご不安がある人は、当院にご相談ください。

メンタルクリニックよこはま