パニック障害は原因が分からず、そううつ状態を繰り返し、
患者自身が突飛な行動を取る、そう状態のときにひらめきや、
周囲に迷惑となる言動、予想外の行動が目立ちます。
うつ状態のときには、まったく周囲とコミュニケーションを取らず、
ふさぎこんでいる状態が続く、など周囲から見ると
病気とは思えず、本人の責任にされてしまっていることがあります。

そのような状態が長く続くと、患者様本人の精神的な負担が大きくなり、
症状が解決するところか、逆に精神的に圧力を感じる状態になってしまう
ことが珍しくありません。

早期に解決するためにも、原因を特定し、出来る限りきっちりと患者様の
病状と向き合い、専門医によるカウンセリングと、投薬によって
症状を緩和することが望ましいといえます。

当院では、治療実績が豊富な意思が在籍しておりますので、パニック障害の
原因を特定し、患者様ひとりひとりに合わせた治療を行っております。

若年者の場合、環境の変化や、周囲とのコミュニケーションがうまくいかない、
などが理由で症状が悪化してしまっていることもございますので、
そのようなひどい状況を防ぐという意味でも、ぜひ当院に治療を
お任せいたただければ、的確に治療をいたしますので、お任せ下さい。

メンタルクリニックよこはま