不眠や過眠症は、患者自身が自らの睡眠をコントロールできない
状態で、この症状自体が精神的な大きなストレスになってしまうことが
珍しくありません。

不眠の状態が続くと、肉体的な疲労感や頭痛、倦怠感、
判断能力の低下、血圧の上昇などさまざまな弊害が表れるようになり、
社会生活事態をそのまま続けることが難しくなることがあります。

過眠症では、肥満、高血圧、昼夜逆転した生活など、
不眠と同様に日常生活を送ることが難しい状況が続きます。
過眠症は不眠と違い、本人の生活習慣や意思によることで
改善できると勘違いされてしまうことがあり、
症状自体が見過ごされてしまうことがあります。
そのような場合、最終的に治療が難しくなってしまうまで、
症状が深刻になってしまうことがあるので、
早期に対応することが望ましいといえます。

不眠も過眠症もストレスや精神的な要因が大きく
症状に左右していることが珍しくないため、
早期に専門医によって治療をすることが望ましいといえます。

当院では、横浜市でも不眠や過眠症を扱ったことがある
心療内科ですので、ぜひこのような症状でお悩みの方は
ご相談いただければ、的確に治療をいたします。

メンタルクリニックよこはま