摂食障害(拒食・過食)は、ストレスなど精神的な
要因によって引き起こされることがほとんどです。
自分では気づかないうちに、症状が深刻になって
しまうことも珍しくなく、早期に専門医による
治療が望ましいといえます。

摂食障害は、一度習慣になってしまうと、再び
繰り返してしまうことが多く、周囲の家族や患者本人が
完治したと思っていても再発してしまうことも珍しくなく、
治療が難しい病気の一つです。

特に症状が深刻で明らかに依然と違う体型になってしまっていたり、
自分ではもはや症状をコントロールすることが難しい状況であれば、
そのまま放置しておくことは、健康を著しく害する恐れがあるため、
非常に危険な状態ということがいえます。

このような状況になる前に、もし何か摂食障害の兆しが見えた段階でも、
早期に治療を行うことが望ましいといえます。
女性や、思春期の青少年に多い症状もあり、
何が原因なのか周囲からはまったく予想がつかないことも
珍しくありません。

当院ではこのような摂食障害の患者を多数扱った実績があり、
横浜市の心療内科でも治療実績が多数ありますので、
精神的なカウンセリングから適格な投薬まで幅広く
対応させていただいております。

メンタルクリニックよこはま