うつ病は、しっかりと治る病気です。一時的な気分の浮き沈みが、
患者さんを神経質にさせてしまうことがあります。

まずうつ病は、やる気が無くなります。何に対しても意欲がわかず、
睡眠障害まで引き起こすことが確認されています。
抗鬱剤などの処方によって一時的に回復しますが、
この抗鬱剤の処方が間違ってしまうと逆に薬物依存になってしまいますので、
注意が必要です。

近年医師のモラルの低下によってこのような、処方される薬も、
軽度のうつ病患者にリタリンなどの強力な抗鬱剤などの投与など
間違った処方の仕方をしているために完治できない患者さんも増えています。
患者さんはしっかりとした専門家との相談をして
正しい治療を心がければ完治します。

横浜市にある当心療内科はうつ病に対して、正しい治療を行なっております。
極力、害のない薬の処方をし的確に治療をしていくことによって、
患者さんの信用を得ています。また睡眠障害なども、
うつ病患者が発症する症状ですが、
この間の薬も注意して選別していかなくてはなりません。

車の運転なども通常の生活で支障がないような治療を心がけます。
赤玉と呼ばれる睡眠薬がありますが、これは長い間起きていても
昏睡状態になりますので、あまり処方するにはオススメ出来ません。
うつ病は治る病気です。しかし、モラルのない医師と
治療することは、非常に危険です。
当院は正しい治療を患者さんと心がけていきますので、
安心してご利用して下さい。

メンタルクリニックよこはま