「夫源病(ふげんびょう)」。
最近よく耳にする言葉ですが、これは、以前から女性が悩まされている病気です。
字のとおり、妻が体調をくずしてしまうのは、夫が原因だということです。
対象年齢の幅は広く、特に多いのが、60歳代くらいからで、夫が退職し、日中家にいることが多くなり、妻がストレスを感じて起こることが多いようです。

症状は、様々で、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、イライラ、倦怠感、落ち込み、便秘や下痢などです。
一見、体の調子が悪いような症状です。
「よい妻、母であろう」と思う女性が、かかりやすいと言われています。

もし、慢性的に起こる心身の不調にお悩みでしたら、一度当院までご相談ください。
心療内科の治療をして、体調が改善したという例は、沢山あります。

メンタルクリニックよこはま