心療内科では、投薬治療が基本となります。患者さまのお話を聞き、症状に合ったお薬を処方いたします。そしてお薬を調整しながら困っている症状の軽減を目指していきます。
ですが、何らかの不快な症状が出るまでには、それぞれきっかけがある場合が少なくありません。それが几帳面すぎる性格であったり、何か悲しい出来事があった後に発症したり、と人さまざまです。例えば完璧主義がゆえに、仕事がうまくいかず、うつ病になった患者さまがいらっしゃったとします。その場合は投薬治療はもちろん行いますが、几帳面すぎる考え方を変えない限りは根本的な解決にはつながりません。ある程度症状が落ち着いたところで、カウンセリングや認知療法などのお薬を使わない治療もおすすめしています。
このような心理療法もうつ病ではとても有効だといわれております。凝り固まった考え方をもっとおおらかに持ち、完璧でない自分も認められるようになることが、ご自身のストレス軽減につながります。考え方を変えることが、症状の軽減や再発の予防につながります。

メンタルクリニックよこはま