心療内科では、いろいろなお薬を処方します。例えば過敏性腸症候群の方には消化器系のお薬や安定剤であったり、不眠症であれば睡眠導入剤であったりします。またうつ病やその他ストレス関連の疾患の患者さまには抗うつ剤を処方することもあります。
私どもでお願いしているのは、医師の処方通りお薬は飲んでいただきたいということです。特に抗うつ剤に関しましては、患者さまによって合うお薬がそれぞれです。また量に関しましても、一般的なお話になりますが、最初は少量から飲んでいただいて、徐々に量を増やしていきます。この時に処方通りに飲んでいただかないと、私どもは本当にお薬が効いているのか正しい判断ができなくなってしまいます。
お薬によっては、副作用があるものもあります。ですが患者さまご自身の判断で薬を減らしたり飲まなくなってしまいますと、治療計画が立てられなくなってしまいます。副作用がつらい場合はお電話でも相談ができますので、そのような場合は医師の判断でお薬を減らしたりする場合もあります。医師や薬剤師と二人三脚で、患者さまに合うお薬を探していきます。

メンタルクリニックよこはま