診療内科では、不登校のお子さんのご相談にも応じております。
心と体の発達のスピードが伴わない思春期には、双方のバランスが大きく崩れることは珍しくありません。

今では思春期という言葉の対象が低年齢化しつつあり、体の成長に対し心の成長が追いつかないというお子さんも多くおられます。
不登校の背景は様々で、集団行動に馴染めなかったり、自分自身に何らかのコンプレックスを抱いてしまったり、あるいはいじめという原因が潜んでいる可能性もあるでしょう。

朝になると体調が悪いものの、午後には元気になっていたり、朝なかなか起きられず、一日中倦怠感が続くなどの症状がでる中高生も少なくありません。
不登校はお子さんの周囲や親に対するメッセージとも言えます。

お子さんの言い分をじっくり聞き出し、もつれた糸を解くように、心の中を少しずつ解きほぐしてゆくことが大切です。
学校に行かないことに焦りを感じるご両親も多いかと思いますが、不登校には精神的、身体的な原因が必ずあります。

お子さんの心配な事柄も、横浜市のメンタルクリニックよこはまにぜひご相談ください。

メンタルクリニックよこはま