夜、布団に入ってもなかなか寝付けず、気付いたら空が白み始めていた、という経験がある方もいらっしゃるでしょう。
寝付き悪く寝が浅い、夜中に何度も目が覚めてしまい眠れず、日中の仕事に支障をきたす、という様な不眠症等の総称を睡眠障害といいますが、この症状の改善には睡眠薬を使用する場合が多くあります。

睡眠薬はその血中濃度の半減期によって数種に分かれており、ケースにより使い分けられます。
睡眠薬を利用する場合には、入眠障害、早朝覚醒、中途覚醒、熟眠障害などの症状の種類と作用時間、副作用を考慮し投与をするのが一般的です。
しかし睡眠薬を使用する場合には、医師の判断なく勝手に服用を中断したり、減量したりするのは良くありません。

特に、入眠障害に多く利用される睡眠薬を中断してしまうと、リバウンド現象により薬を飲む前よりも強い不眠症になる危険性があります。
睡眠薬に関して心配がある方は、必ず医師に相談の上、徐々に量を減らしていくか、一日おきに服用するかなどを決めることが大切です。

メンタルクリニックよこはま