認知療法とは、1950年代にアメリカでうつ病の患者さんのためにつくられた心理療法であり、治療に有効性が認められたため、世界中に広がっていった治療法です。
問題の大きさに関係なく、自己改革をしようと思っている人に向いている治療法です。
認知とは、思考プロセスや知識、物の見方と言う意味を含みます。

認知療法は気分、行動、身体的変化は、それらが生じた状況をどうとらえるかによって規定されるということを重要視しながら、現実を受け止め直していきます。

物事の捉え方は一つではなく沢山の捉え方があると言う事を考え、自分の考え方やとらえ方の歪みや思い込みを自分自身で理解し、修正していくことで、気分、行動、身体的変化に気付きます。
そのことによって、結果的に患者さんの不快な症状やストレスの改善につながるとされています。

当クリニックでは患者さんにじっくりとお話を伺い、行動の仕方、物の考え方を理解し、一緒に考えていきます。

メンタルクリニックよこはま