人前に出てスピーチするのが怖い、人に見られていると震えて字が書けない、学校で発表することを想像するだけでドキドキするなど日々悩んでいる人も多いと思います。

しかしこのような症状に対して病気という認識がない医療機関を受診しないで悩み続けているケースが多いのが現状です。
日常生活や社会生活に支障をきたすことで、自信をなくしうつ状態を起こし、他人から悪い評価を受けているというような過剰な心配や、人から注目されることに強い苦痛や不安を感じることで体調が悪くなるなどの症状は、性格による問題ではないのです。

これは社交不安障害(SAD:SocialAnxietyDisorder)という病気です。
緊張し、恥ずかしく思う場面でも多くの人は徐々に慣れ平常心で振る舞えます。
しかし社交不安障害の人は、恥ずかしいと感じる場面では常に羞恥心や笑い者にされるのではという不安や苦痛を感じそのような場面に対して恐怖心を抱えてしまいます。

このような症状で長く悩んでいるみなさんは、ぜひ一度横浜市の心療内科メンタルクリニックよこはまでご相談ください。
ご自身では性格上の問題だと考えていても、本当は治療することで治る病気の可能性があります。

社交不安障害は正しい治療を行うことでほとんどが克服できる病気です。
あせらずゆっくりと治療をし、長年の悩みはきっと克服できます。

ぜひ一度お気軽にご来院いただきご相談ください。

メンタルクリニックよこはま