特別な理由もなくある日突然めまい、心悸亢進、呼吸困難といったパニック発作と激しい不安が発作的に起こる病気がパニック障害です。
さまざま体に症状が出ることで、多くの病院、診療科を訪れても体のどこにも異常はないと言われ、はっきりとしないまままた発作が起きるのではないかという強い不安に苦しめられます。

パニック障害というはっきりした診断がされるまでには長い時間がかかる事もあります。
医学的検査で異常がなく、繰り返しまたは、持続的にいろいろな身体症状が出る場合、またそれに伴う強い不安に苦しむ場合には、パニック障害を強く疑う必要があります。

パニック発作が起きることを強く不安に思う症状を予期不安と言いパニック発作とならんでパニック障害の特徴的な症状です。
パニック障害になりやすい人は、女性が男性の2,3倍高くなっています。
女性の方がなりやすいと言われています。
年齢的には20歳代で発症する人が多く、続いて30代です。

ストレスを感じやすかったり、ストレス解消が下手な人がなりやすく、完全主義者や周囲に気を遣いすぎる人などがなりやすいとされています。
特にOLなどは運動不足による疲労物質である乳酸が溜まってそれがパニック障害を誘発する材料にもなっています。
症状としては、心悸亢進、心臓のドキドキ、手足の震え、発汗などパニック発作の症状があります。

パニック発作が起こるのではないかという強い不安を感じる予期不安の症状や、息苦しい、胸がざわざわする、頭が重いなど激しくはなく持続的な症状である非発作愁訴、気分の浮き沈みが激しい、夕方になるとわけもなく泣けてくる、自傷行為などパニック性不安うつ病などの症状があります。
パニック発作はそれぞれの症状が突然前触れもなく起こり、多くの場合10分以内でピークに達し30分以内で収まります。

パニック障害は正しい治療を早期に始めれば、ほとんどが完治する病気です。
まずは心療内科に相談し治療を始めましょう。

メンタルクリニックよこはま