うつ病は、特別な人がかかる病気ではありません。
誰でもかかる可能性のある病気なのです。今まで楽しく思えてたことが楽しくない、何をするのもだるく感じる、人と会いたくない、いらいらしてしまう、自分が情けなく駄目な人間だと落ち込んでしまったり、わけもなく涙が出たりなど、心配や過労、ストレス、孤独や孤立感が強くなり、将来への希望が見いだせないと感じた時などにうつ病にかかりやすくなります。

最近ではうつ病という言葉が世間的に広く認知されるようにはなってきました。
心療内科、精神科、神経科、メンタルクリニックなど以前よりも気軽に相談できる医療機関が増えたのは確かです。

しかし、実際には自分一人で悩み続けてしまったり、うつ病について詳しく理解し、また実際にうつ病との診断をされた人も治療、完治に結びついているとは言えません。
うつ病にかかりやすい人は一般的に、几帳面、まじめ、誠実、仕事熱心、責任感が強いと言った性格の人がなりやすいと言われています。
責任感が強くて頭も良く、自分自身へのハードルを高く設定してしまっている人もうつ病にかかりやすいと言われています。

うつ病の症状は、ひとりひとり違っています。
代表的なうつ病の症状としては、気分が落ち込む、憂鬱な気分になる、不安が頭から離れない、いらいらする、焦る、何でもないことでむなしく感じたり涙が出てしまう、死や自殺について考える、死にたくなる、自殺の方法について調べる、出かける気分になれない、頭痛、腰痛、頭重感、肩こり、首の痛みがある、めまい、立ちくらみ、息苦しい、動悸、息切れ、ちょっとしたことでイライラしたり腹が立ったりすることが多いなどさまざまな症状があげられます。

うつ病の基本的な治療としては、薬物療法、休養、精神療法があります。
他の疾患と同様にうつ病に関しても、早期の発見と正しい治療を行うことで、必ず克服することができる病気です。
少しでもお悩みの方は、横浜市のメンタルクリニックよこはまに是非ご相談ください。

メンタルクリニックよこはま