コンプレックスにより自分を失ってしまい、自信喪失のため、不登校に陥ってしまったときにまず思い出すのはおそらく保健室だと思います。
しかし、保健室だけで治らないときに思い出してほしいのが当院のような病院。

まずはじっくりと話を聞くことから始めます。
そして、過去からどのように育てられてきたかについても尋ねます。

案外、いまの自分の性格はそのあたりからの影響も受けていることが多いです。
さらに現状でどうして困っているかを尋ねます。

そしてその心で影響を与えていると思える体調不良についても尋ねます。
今後どのようにしていくかを考えます。

心理療法の場合、話を聞くことによりだいぶ楽になる場合も多いです。
ただし、当院のような病院に行くには壁があるという話もよく耳にしておりますが、思い切ってたずねると新しい道が案外開けるものです。

引きこもってしまってからでは遅いのです。
ぜひ向き合ってよい方向にすすむようにしていきたいと願っています。
横浜市メンタルクリニックよこはまでお待ちしております。

メンタルクリニックよこはま